menu
閉じる
  1. おいしっくすのお試しセットを試してみました!キットオイシックスは20分…
  2. 一時保育はリフレッシュ目的で利用できます!ひとりの時間を作って気持ちの…
  3. 子ども服も節約!イオンすくすくクラブカードを使って子ども用品を安く買お…
  4. イトーヨーカドーネットスーパーを4年間送料100円で利用する方法。
  5. おいしっくすの入会後の無料特典。牛乳飲み放題コースってどんなサービスな…
  6. Kit Oisix(きっと、おいしっくす)で料理を時短。忙しい家庭に重…
閉じる
  1. 里帰りしない出産、最大のデメリットはどんなこと?
  2. 2人目里帰りしない出産の&実家サポートなし育児の忙しさ【第2弾】
  3. 次女の幼稚園2歳児親子ルーム開始!優先入園制度&ルームの活動内容は?
  4. 歯の治療をしたいのに預ける場所がない!託児所付きの歯医者を見つけよう!…
  5. Kit Oisixで長女と楽しく料理♪牛乳飲み放題コースで得しています…
  6. 里帰りできないママは、適度に手を抜いた家事をして毎日をラクに過ごそう!…
  7. 新生活の登園しぶりはどう乗り切る?幼稚園・保育園生活で起こりがちなこど…
  8. 子ども服も節約!イオンすくすくクラブカードを使って子ども用品を安く買お…
  9. おいしっくすのお試しセットを試してみました!キットオイシックスは20分…
  10. ロタウィルスにかかった!家でできる最大限の対処方法とうちの長女の経過。…
閉じる

里帰りしない出産ドットコム

5歳差育児のデメリット。年齢差による公的サービスの制限や条件に疑問を覚えます。

今日から幼稚園で行われている2歳児クラス(プレルームや親子クラス。)が始まるので行く予定でした。
ところが。
 
長女の小学校、今日は参観日の振り替え休日でお休み。
うちは転勤族で、身近に預けることができる身内もいません。
小学校にあがると、一時保育などもまったくなくなります。
引っ越して日が浅いので、休日に子どもをお願いできるような友人もいません(苦笑)
 
幼稚園側に、上の子(小2年)を連れて行っても大丈夫か確認してみたところ、
 
なんと、NGでした。
 
下のお子さん(2歳以下)は自己責任で連れていってもよくて、上の子になるとNGなのはどうしてか?と聞いても「見る人がいないからお断りしている。」という回答。
見る人はわたしがいるじゃないですか!って思ったのですが、長女も卒園した幼稚園ですし、これからお世話になる幼稚園なので、そこまでつっこむこともやめました(;´∀`)
 
でも、納得がいきませんね。
今回は、お金も事前に支払っていますし、入園予定の子しか通えないプレルームですよ?
 
ほんとにしぶしぶ休みました・・・。
 
はい、年の差育児はいろいろなところでデメリットも受けてしまいます。
今日はそのあたりを紹介しますね。

スポンサード リンク

5歳差育児。デメリットはどんなところ?

実際に5歳差の育児をしていて、ここがデメリットだと感じたところをまとめました。

私立幼稚園の補助金。同時通園割引

地域によっては、私立幼稚園の補助金が満額受けることができません。
 
わたしの住む地域では、上の子が小学3年生以上になると、下の子が「第1子」とみなされます。
第2子では、年間20万円くらい受けられる補助金も、第1子扱いになると8万円。
 
家庭における支払い総額は変わらないのに、です。
ただ同時通園するからという理由だけで、補助金を満額受け取ることができる制度に疑問を覚えますね。
 
それに関連して、きょうだい同時通園の割引制度も受けることができません。
 
5歳差は、お金が同時に出ていくことはないですが、補助金や同時通園割引制度が受けられないため、ダラダラと太い支出が続くことになります。

育児支援施設も条件付きで利用できない

育児支援施設で、きょうだい同時に遊べる場所がほとんどありません。
小学生以上と幼稚園以下で、きっちりすみわけされています。
 
今回の幼稚園の2歳児クラスもそうですが、いくら上の子が小学生といえども低学年と高学年ではワケが違います。
まだまだひとりで任せられることも少ない低学年のうちは、親の目も必要なことも多いのに、突然手を離さなければいけなくなります。
 
上の子が小学校にあがっても、下の子の予定や行事によっては、低学年のうちから留守番をさせることも出てきます。
早いうちからお留守番やお買い物の練習をしたりする必要もあるのかもしれません。
 
また、入学前の6歳以下であれば保育所の一時保育サービスを利用できるのですが、小学校からはそういったサービスもぷっつり途絶えます。
せめて、学童保育に1日預かりサービスなどができればいいのですが・・・。

遊ぶ場所に困る

上の項目の延長になりますが、家族全員で楽しく遊べる場所が限られます。
映画館には下の子を連れていけないし、でも、上の子はそういうことをしたがるようになります。
遊園地も、どちらかは乗れるけど、片方は乗れないものばかり。
 
家族みんなで楽しめるレジャーは、整備された運動公園のような自然いっぱいの場所に落ち着いていきます。
(これはこれでいいかもしれませんね。笑)

育児期間が長い

5歳差になると、小学校には合計11年間も通うことになります。
それだけPTAの役員を頼まれる可能性も高くなります。
ダラダラと育児期間が長くなるので、社会復帰のタイミングがつかめず、専業主婦の期間が長くなりがちです。

ふたりの行事に振り回される

まず、わたしの場合、下の子は生後2週間で運動会に連れ出しました。
周りのみんなは心配してくれたりしましたが、生後2週間で預けられる場所もないです。
上の子のことを考えると、行かなくてもいいんじゃないの?とは思えませんよね。
 
そして、幼稚園と小学校に別々に通う時期が長くなります。
そうすると、この2つの行事にかなり振り回されることになります。
同時に通っていれば、1日で済むイベントも別々なので2倍になります。
その期間が必然的に、長くなります。
 
さらに、わたしが住む場所は午後からの参観日が多いので、参観日の途中に幼稚園のバスが送りに来るという状態になります。
そうなることだろうと想像ができたので、延長保育を実施している幼稚園を優先して選びました。
 
あげくのはてに、幼稚園のPTA役員、小学校のPTA役員を想定外に兼任するハメになることもありそうです。
役員はみんなが平等にやるものなので、役員がかぶっているからできないという理由は通用しないかもしれません。

お古が使えない

意外とお下がり系を使うことができていません。
肌着などを保管していても、5年経過するうちに劣化して変色してしまったり。
洋服も、5年経過するうちに、いらないだろうと思って意外と処分してしまったり。
 
育児情報も5年経つといろいろ変わっています。
便利グッズも増えています。
哺乳瓶なども買い直さないとダメなことも。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
いちばんデメリットとして感じてしまうのは、やはり幼稚園の補助金や保育園のきょうだい割引制度が適用されないことですね。
年齢差があるというだけで、公的なサービスが受けられないのは少し納得がいきません。
とくに、お金のことですしね(;´∀`)
 
好きで産んだのだろう?と思われるかもしれませんが、授かったタイミングが5年後だったというだけです。
そこを議論の対象にしたくはないですよね。
 
あとは、年齢差があることで、みんなが普通に受けられる育児支援サービスが、とたんに条件や制限付きに変わってしまうことです。
 
小学生にあがっても、支援が必要な家庭は存在します。
 
低学年の間は、育児支援サービスの延長や補完となるようなサービスや受け皿があれば、わたしのような転勤族で、かつ、年の差育児をしているママは助かるはず。
 
年齢差があるだけで制限ができてしまう育児支援サービスは、はたして本当にママ側に立ったサービスと言えるのかどうかは疑問ですね。
たとえ年齢差があり、育児に少しずつ慣れているとはいえ、肉体的・精神的な負担は、決して経験だけでカバーできるほど軽減していませんから。
 
以上が、5歳差育児をしていて感じるデメリットでした。
次回は、メリットについてあげてみたいと思います。
 

スポンサード リンク


 

関連記事

  1. Amazonファミリーはお買い得!紙おむつ&おしりふきがいつでも…

  2. 子ども服も節約!イオンすくすくクラブカードを使って子ども用品を安…

  3. 次女の幼稚園2歳児親子ルーム開始!優先入園制度&ルームの活動内容…

おすすめ記事

  1. おいしっくすの入会後の無料特典。牛乳飲み放題コースってどんなサービスなの?
  2. イトーヨーカドーネットスーパーを4年間送料100円で利用する方法。
  3. Kit Oisix(きっと、おいしっくす)で料理を時短。忙しい家庭に重宝する調理キットです。
  4. おいしっくすのお試しセットを試してみました!キットオイシックスは20分で料理が完了します
  5. 子ども服も節約!イオンすくすくクラブカードを使って子ども用品を安く買おう!

1980年生まれ
2人の娘を持つ母親です。
里帰りせずに出産した経験をまとめています。
管理人のプロフィールはこちら。

ブログ村ランキング

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産体験記へ にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る